スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もてたくて俺が頑張った時の話-2

82 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 16:35:51.24

ところで
高校生くらいになるとお酒を飲むようになるものだ
犯罪だなんだ言われてもなんだかんだみんな飲むようになる
で、飲み会とかがあると
カラオケっていうのは忘れてはいけない要素であると思う


前のほうで書いたが
俺は周りと音楽の趣味が全然違うんだ
でも俺は孔明だからその辺は攻略しなくてはいけないと考えたわけだ

その時ようつべは非常に役に立ったよ
別に好きでもないアーティストの歌を聞いて
ずっとPCの前に張り付いてたら
カラオケで選曲に困らなくなるようになるのに半年もかからなかったよ

83 名前:('∀`)[] 投稿日:2012/01/07(土) 16:38:48.19
やっぱ音楽の趣味合わせるのも必要だよな
おれも周りと合わなさすぎるわ

84 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 16:39:49.25
ここまで来ると
俺はモテキングの1歩手前まで来たようなもんだろwww

スポーツできるぜww
カラオケ歌えるぜww
細マッチョだしさわやかな格好してるし孔明だしwww
顔だってほっしゃんと小栗旬を足して小栗旬を引いたような感じだしwww
俺無敵モテキwwwww



wwwww・・・・・・何か足りないような・・・


85 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 16:44:32.67
そうだ・・・忘れてた・・・俺にはあの毘沙門天がないじゃないか・・

コミュ力

それがなくてはいくら頑張っても所詮スカトロ止まりw
これは不可欠
もちろん今となってはコミュ障は解消されてるw


おまいら聞きたいだろ?
コミュ障をどうやって克服するのか
それが聞きたいんだろ?


87 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 16:56:24.85
おれがコミュ障を克服できたのは特殊な経験のおかげなんだ
だからそんなこと書きこんでもなんのアドバイスにもならんからなww

ちょいちょい小出しにしてたけど
俺は2年生の7月に高校を辞めたんだ
だから修学旅行に行ってないんだが
修学旅行って大体積立していくじゃん
俺は積み立てが終わってたから
まるまる全額返ってきたんだ

88 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:01:36.11
そしたらママンの粋な計らいで一人旅行していいよ
ってことになったんだ


だからおれはインドに行った


90 名前:花木 漂 ◆EN8fyL5Cfw [sage] 投稿日:2012/01/07(土) 17:04:59.44
ちょwwwインドてwwwww何その変化球wwwww
その行動力別のことに使えばモテたんちゃうのwwwwww

91 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:05:37.44
一応前述してたようにインドに行った時の様な話は省きますwww
気になるかなww
インドのマックで逆ナンされた話とかもあるんだぜwwwインドの美人ふつくしすぎwwww

まあとにかく俺はインドからから帰ってきたときには
もうコミュ障は克服できてたわけだ


でも学校やめた分際で遊びまわってるわけにもいかない

俺はアルバイトを探し始めた

92 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:12:14.87
>>89かわゆすww
>>90まったくその通りだと思うよwww俺は多分死ぬまで厨二だからww



しかし市内でも悪名高い工業高校を中退した
18歳のフリーターを雇ってやろうなんていう気概のあるところはあまりなく
いくつか面接を受けたがことごとく落ちた

まあ俺が働きたかった飲食だけに的を絞ったっていうのもあるんだが


そんなある日オヤジに
お前うちの店で働かんか?
と言われた

言ってなかったが俺の親父はラーメン屋をやってるんだ
それでちょうど人が足りなくなったらしく
俺もなかなかバイトが決まらずで
そこで働くことになった

93 名前:花木 漂 ◆EN8fyL5Cfw [sage] 投稿日:2012/01/07(土) 17:14:34.62
カラオケのエピソードが始まると思いきや
いきなりインドに話が飛んだ1は帰国後別人になっていますた
↓コミュ力をつけた1先生の渾身のラノベにご期待下さい↓

94 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:16:42.54
ラーメン屋ってチェーン店はどうか知らんが
個人店ってのは親方がスープを全部やるから
アルバイトの仕事ってのはそんなにないんだ
仕事量自体はあるんだけどね


だから俺は入って1週間ほどで仕事を覚えて
憧れだった飲食店を楽しんでいた


俺が働く時間帯は朝から昼下がりまでだったんだが
その時間帯はオヤジ・パートのおばちゃん・俺
の3人態勢だったんだ

95 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:18:35.48
>>93なんか高田淳二の本の帯とかでありそうだなww
カラオケは、そういう努力もしたってことをあらかじめ書いておきたかったんだwフェイクじゃないw

96 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:23:08.31
土日祝日は流石にもう一人増えるんだが
平日でも3人はちょっと厳しかった
なのでバイトの募集をしたんだ


大体1カ月後くらいに新人は入ってきた
俺もまだまだ新人なのでその子の初日は俺は休みで
他の人が仕事を教えたので
俺がその子(F)に初めて会ったのは
勤務2回目の時だった


97 名前:('∀`)[sage] 投稿日:2012/01/07(土) 17:26:07.72
フラグきたか

98 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:26:37.98

アルバイトが2人同時に入る日は一人が遅番なんだ
だからその日は俺があとから入ったんだ


するといつも俺が立っている洗い場に
女性の姿が・・・

F「あ、おはようございます!!」
俺「えwwwあwwwおはようございますwww」




あなたが神か

99 名前:('∀`)[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:26:59.39
ほぅ、これはくるんじゃないか


100 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:29:59.80
スぺーーーーーッック!!!


オヤジ
56歳身長160代中盤
体格はごつい
加山雄三に似てる


俺の1つ年上
身長160代中盤?女の人にしては高い
芸能人で言えばエビちゃんかな
顔もスタイルもモデルさんだわ

102 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:36:35.92
着替え終わって厨房に入るとちょうど暇な時間帯だったので挨拶しといた


F「あ、Fと言います!よろしくお願いしまーす!」
俺「あwwwどうもw店長の息子の1ですwww一緒に頑張りましょうwww」
F「はい!ところで、店長に聞いたんですが17歳なんですか?」
俺「wwwはいwwそうですよww俺も聞きましたが一つ年上みたいなんでタメ語でいいですよ」
F「ホント!優しいねー1君」
俺「イエイエwwナンノコレシキwwww(ウハwwwwwオッパイwwwデカイwwwコポォwww」


お客さんが来たので仕事に戻った
明るいしはきはきしてるし
これは面白くなってきそうだ

103 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:43:01.02
最初のうちはお互い経験が浅いということでシフトもかなりかぶっていた
言っておくが俺は一目惚れしたわけじゃないよ
ただ可愛いと思っただけで
そんな子と同じ職場で働くなんて嬉しいに決まってる


F「1君って17歳なら高校生?」
俺「いえwww俺は高校辞めてるんでwww」
F「え!?そうなの!うちもだよ!仲間だねー」
俺「あwwwそうなんすかーwwww仲間ですねwww」
F「てか敬語じゃなくていいよ!堅苦しくていやだし」
俺「いやwそういうわけにもwwww年功序列うんぬん」
F「いいから!使ったら殴るからね!」
俺「あwwwはいww分かりましたwww」
F「いや、だからね」

104 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 17:53:08.61
それまた別の日


F「今日終わる時間一緒だね」
俺「あwwそうなのwwww」
F「そうだよ!一緒に帰るか!」
俺「wwwいいけどww」

またもや言いそびれていたがオヤジの店といっても
実家から店までは結構離れていて歩いて1時間半くらいのところにあった
俺は交通費を学費に回すために毎日往復3時間をかけて歩いていた
Fの家はそれとは反対方向だった


俺「おまたせwww」
F「おそいよ!」
俺「いやw光より早く着替えたんだがwww」
F「はあ?あんたバカぁ?笑」
俺「まあまあwwwさっさと行こうぜww」
F「あ、待ってよー」

105 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:02:56.57
F「1ってどこの高校行ってたの?」
俺「○○工業高校」
F「へえ、あ、じゃあだれそれっていなかった?」
俺「テンプレみたいな質問スンナwwww1個上の代なんて知らんわwww」
F「えー、じゃあほにゃらら君は?」
俺「知らんwwwwってかFさんはどこなのよ?w」
F「うちは△△高校だよ」
俺「こりゃまたバカな学校通ってたわけだwwww」
F「なによ!あんたも同じようなもんじゃん!」
俺「wwwやーいwwwばーかばーかwwww」
F「怒」


F「ところで1の家ってこっちなの?」
俺「ちゃうねんwww正反対だわww」
F「え!?そうなの?遠いの?」
俺「あるいて一時間くらいしかかかんないわwwwww」
F「遠っ!いいよじゃあここらへんで」
俺「そういうのいいからwwwwwいい子ぶんなww」

106 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:08:21.78
なんてことを繰り返して2週間
Fは俺より飲み込みが速くてたちまちお店の看板娘になった
若い美人店員がいるラーメン屋ってのは
おっさんたちにとってはオアシスなんだろうなw


F「今日も終わる時間一緒だねー」
俺「ああwそうだな」
F「ちょっと話したいことあるんだけど」



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


俺「おおwwww何だよww実は男なのとか?www」
F「なわけないしょ!」
俺「じゃあ何だよwwww」
F「とにかく後で話すから!」

107 名前:('∀`)[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:13:44.19
>>106 フラグ!?

108 名前:('∀`)[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:23:19.46
>>1のジョークスキルがほしいものだ

109 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:31:53.09
着替えて外に出たがFが見当たらない
俺「www恥ずかしがってんのかwwwwこのwこのwwww電話してやるwww」

トゥルルルルルルルルル


F「1君?」
俺「おいwwwどこだよwwww」
F「すぐそばの本屋で待ってるから」
俺「エロ本でも買うつもりかww」
F「来てね。待ってるから」

プツ
ツーツーツー

俺「ったくwww下ネタスルーすんなよwwまったくもてる男はつらいぜwwwムッハーwwwセクロスセクロスwwww」



ブーン
店員「エアロスミスー」


俺「あwwいたいた」
F「あ、1君」
俺「はいはいww俺ですよwww1君ですよwwww」
F「・・・・・」
俺「スルーかよwww・・・・・で、話って何だ?」

110 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:38:08.31
F「あのね、うちね、・・・・あのね」
俺「・・・・・・・・」
F「これ言ってもうちのこと嫌いにならない?」
俺「聞かなきゃ分からんが、多分ならないと思うぞ」

嫌いになるわけないだろjkwwww早く告れwwww

F「あのね、・・・・グスッ・・・あのね・・・グスッ」
俺「!?いや、どうした?なんで泣く?」

あれ?フラグじゃないの?

F「・・・・グスッ・・・・・いや、やっぱりいいや、ごめんね!」
俺「え?いや、おい!待てよ!」

え、俺なんかした?
というか周りの視線が痛いんだけどwwww
なにほっしゃんの分際でエビちゃん振ってんのみたいな感じでみんなwwww

111 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 18:47:36.32
落ち着かなくてふたりエッチを手にとって読み始めたが
頭の中では行かなきゃダメだろ!って声と
いや、そういう面倒くさいことはやめようぜって声が争っていて
とてもじゃないがふたりエッチなんて読めなかったので
恋愛ジャンキーを手に取った




表の自販機でホットコーヒーを買って俺は走り出した

136 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:29:48.40
俺「・・・・なんで?」
F「・・・あのね?・・・ホントは言うべきじゃないのかもしれないんだよ?」
俺「・・・・・・」
F「1君を傷つけるかもしれないし・・・」
俺「何だよ・・・・早く言えよ・・・」
F「・・・あのね?私ってエロいじゃない?」
俺「いきなりなんだよwwwえろいよww確かにエロいwwwww」
F「だからね、その辺の女たちが訴えるようなことをされても別にセクハラとは思わないんだよね」


もう心臓は高鳴って
電話越しにも聞こえたかもしれない


F「・・・でも、ひどいんだよ、言うだけじゃなくて
  触ったりとか
  他にも・・・・」


やめてくれ
もういい
聞きたくはない


F「・・・・私、お父さんにセクハラされてるの・・・」

137 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:35:13.27
俺「・・・・そうか」
F「ごめんね、急にこんなこと言って・・・」
俺「・・・いいよ・・・辛かったんだろ・・・・」
F「・・・・最初はね、お父さんすごくいい人だったんだよ
  面白いし、優しいし、仕事も教えてくれるし
  でもねいつからかそうじゃなくなって・・・・
  1君のいない所でそういうことしてきて・・・・
  1君がいると態度が変わってすごく厳しくなるの・・・・
  ずっと耐えてきたんだけど・・・・」
俺「・・・わかった・・もういいよ・・・もう話さなくていい・・・・」
F「ごめんね・・ごめん」
俺「いいよ・・・じゃあ・・おやすみ」
F「うん・・ごめんね・・・・・」


138 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:43:24.84
みなさんならどうしただろうか


ここでとれる道は2つしかないと俺は思っていた

1つがオヤジと決別するくらいの覚悟でぶん殴りに行くこと
もう1つがすべてを胸の内に隠して何事もなかったかのように過ごすこと


もし俺が感情のままに任せていれば前者を選んだだろう
そうすれば楽だ
でも俺は高校を選んだ時もやめる時も後先を考えずに
感情に任せて行動した
その結果いつも失敗ばかりしていた
俺は別にこの話には関係ない
俺が口出しすることじゃない
オヤジはオヤジ
今までと変わることはない


俺は押し黙ることを選んだ

139 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:48:06.31
次の日、俺は仕事に行った

いつも見るオヤジの顔
俺は腹の底から怒りが込み上げてきた

俺は笑ったよ
作り笑いのできそこないだけど
それでも顔をひきつらせて


昼のまかないを食べているときに
Fさんとオヤジが大声で言い合っていた

俺はどんぶりの中に視線を落として
それを決して聞かないようにした

140 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:52:46.80
それからの日々はあっという間だった

Yと雨の中
二人で帰った時のように
二人でいる時間がとても速くすぎていった
一日、また一日と・・・・

今までで一番好きになった人かもしれない
この人こそと思えた人だ

それなのにお別れなんて辛すぎる


141 名前:1[] 投稿日:2012/01/07(土) 22:54:32.11
ごめん一回休ませてくれ

というかみんなROMってないでレスしてくれwwww

ごめんな暗い話で
こっからちゃんと草はやすよ・・


146 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:36:09.07
彼女が辞める少し前のことだった

F「明日会いてるしょ?」
俺「うんwwwwまあw店休みだしwwww」
F「じゃあ、遊ぼ!」
俺「いいけどwww何する?」
F「1君映画好きだよね?」
俺「うんwwそうだよwww」
F「じゃあ映画観よっか!」
俺「分かったよwww」

147 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:42:35.38
あんなことがあっても俺は彼女のことが好きだった
だからデートに誘われてうれしかった
もうセクロスなんてどうでもよかったしねw


F「おまたせー!」
俺「いやwww待ってないよwwwどこの映画館行く?w」
F「映画館じゃなきゃダメ?他に安く映画観れるとこ知ってるんだけど」
俺「いやw全然いいよwwwwどこなの?」
F「案内するね!行こ!」



俺「なあwどこなんだ?www」
F「もうちょっとだよ」
俺「漫喫か?www」
F「ううん、ちがうよ。・・・・ここ、着いたよ!」


白いオフィスビルみたいな建物に
ネオンが光ってる
入口までにビカビカしたゲートが・・・・って
ラブホじゃねえかぁぁーーーー!!

148 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:45:28.24
F「・・・いやかな?」
俺「・・・・・wwwwwなわけww」
F「///じゃあ、はいろっか」


やばいぞ・・・この鼓動・・・・・
ついにこの時が・・・・俺は童貞をやめるぞーーー!!


F「綺麗な部屋だねー!」
俺「wwwwwwwフヒヒwwwwwソウダネwwwwwwwコポォwww」


149 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:50:23.08
ポチッ

ポチッ

F「いい映画やってるねえ」
俺「それwww俺もう見たんだがwwww」
F「いいの!これにする!」
俺「wwwwwwソースカwwwwサーセンwwwwww」


ベットの端に二人並んで座った
髪のシャンプーのにおいがする
Fさんの頭が肩にもたれ
そして俺のふとももの上に乗っかった

150 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:54:35.81
もう心臓は、はちきれんばかりだった
そしてもう一つはちきれんばかりなのが
俺のマグナムだぜ!!




あれ?はちきれないよ?
それどころか元気のかけらもないよ?バカなの?死ぬの?
どういうこと?


F「シャワー、先入っていいよ・・・・」

そ、そんなこと言われても・・・・
ああ・・・TVの中のアイアンマンが笑ってるぅ・・・・うぬぬ・・

俺「ちょwwwちょっと待ってねwwww」

151 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 00:58:38.06
いままでのAVをすべて思い出せ!
ここで立たないなんて男じゃないだろ!
早く!急げ!
呼び起こせ!男の魂を!!ガローーーーーーッッウ!!!



F「ねえ・・しようよ」

どえぇぇぇぇ!!?!?!!?!?

助けて!だれか助けて!!!
セクロスのチャンスが・・・・万に一つ転がってきたセクロスのチャンスを逃すわけにはーーー!!!
おっぱいーーーーーィィィ!!!!

152 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:02:23.33
オコシテ・・・・・・オコシテ・・・・・・シクシク・・・・・・


む?むむむ?!来た!来たぞ!!よし!よしぃ!!

F「・・・・はー、やっぱ無理かー」
俺「え?」
F「うちじゃダメなんでしょ?」
俺「いやいやそんなことはwwwwwwだからねwwwあのねwwww」
F「いいよ、無理しなくて。無理やりだったし・・・」



えええええぇぇぇぇーーーーーーーー!!!

153 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:06:19.86
俺「いやwww無理してないからwwww」
F「いいんだよ、うちなんかじゃなくてもっといい人を相手にしな」
俺「いやwwwwそういうつもりはwwww
 ・・・ごめん・・・・」


F「はー、ショックだなー・・・超ショック!」
俺「すんません・・・・」
F「いいんだよ、彼氏いるのにこんなことするうちが悪いんだから」
俺「そうだよねwwwww彼氏がねwwwww


  ・・・・・え?」
F「うん、うち実は彼氏いるの」




そりゃないでしょ・・・・・


155 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:17:42.64

それから
フロントにカップ麺もらって
お茶を飲んで
残りの時間を二人で話すことにした



・・
・・・・
・・・・・・
F「・・・そんなことがあったんだ・・・それで学校をやめたんだ」
俺「まあwそんな単純でもないけどねwwwwそれが一番でかかったかなwww」
F「・・・1君はね、すごく変わってる」
俺「自分でもよくわかってるよwwww」
F「でもしっかりしてる。うちの同年代の人たちよりもすごく頼りがいがあるし」
俺「そんなことはないよwwww適当な人だからwwww」
F「彼氏か、1君かだったら、1君だよ///」
俺「そりゃあうれしいwwwwww(ジュボッ)wwwうおぉ!!」
F「ばかっ!ラブホのライターは火でかいんだから!!」
俺「wwwwww前髪焦げたったwwwww」
F「うわw、ちりちりー笑」



その日、家に帰って
彼女に対する恋愛感情がなくなったことに気付いた
代わりに奇妙な気持ちも生まれた
それは友情を超えたものだった




俺は辛い恋の末に、彼女ができることはなかったが
その代わりに「親友」を得た



きっと彼女もそう思っていてくれると思う

156 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:21:34.75
さあ、今日はこの辺にしよう
F編は一応この辺で終わりだけど
今現在のところ
明確な終わりはではありません

後々引きずって
俺の人生にも大きく影響を与えることにもなるんだけどねwww

まあw質問があればたくさんくださいwwww
起きている限り答えますよwww

157 名前:('∀`)[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:23:27.72
どうでもいいが、いつになったらもてるんだ?

161 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:33:09.44
>>157もうちょっとしたら、かな
すぐはもてないからねwwww意識変わってから1年以上はかかるとおもうよww

163 名前:('∀`)[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:35:57.45
>>1乙
いない歴のおれには未知なとこも多いけどためになるわ
今日は休んで明日も投下してくれい!

164 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:41:53.48
>>163ありがとう
何か伝えられることがあれば俺もうれしいよ
そういうこと言ってくれるとすごくうれしい

165 名前:1[] 投稿日:2012/01/08(日) 01:58:25.16
質問ももうないみたいなので
今日はこの辺で落ちます
いい夢を

166 名前:('∀`)[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 03:35:25.66
地味に気になるから、明日も書いてくれ乙

167 名前:('∀`)[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 11:20:51.23
おれも気になりすぎるから書いてね
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://nadeshikoiro.blog.fc2.com/tb.php/50-85fe4808





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。