スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

面接日記)PCMAX 亀田こうき似 26歳 ②

433 :なまえを挿れて。 :2010/06/10(木) 23:38:49 ID:fw/uY+m40

大型携帯サイト、♂、亀田こうき似の26歳

♀、24歳、160/50(推定)、「猫っぽい」、ジムインストラクター

空爆で捕獲。お互いにセフレ募集だったので、自然とエロメールに移行。
職業がジムのインストラクターと知りムフフフ。
そうである。ジムのインストラクターはとてもいやらしい仕事なのだ。
(インストラクターさんがいたらごめん)
NHK連想ゲームで解答「ジムのインストラクター」の時、白組キャプテン加藤芳郎が
「開脚」「アクロバティックな体位」
「お股ヌレヌレ」といったヒントを出したというエピソードはあまりにも有名。
さらに情報を収集すると、初体験は小6で経験人数は100人超との事。
こいつは強者だ。
小6といえば、野球帽を被ってファミコンのⅡコンマイクに「ハドソン、ハドソン」と
叫んでいたあの頃だ。
そんな頃からセクロスなんかしやがって、とんでもない女だ。
更にメールはエスカレートし
「潮吹きやすいけど、ほとんどイッた事がない。私をイカせられる?」
といった挑戦状まで叩きつけてくる始末。
100人とまではいかないが、俺も経験人数70人超だ。受けて立とうではないか。
決戦後には俺の腕の中でメンソールを吸いながら
「悔しいけどあたいの負けだよ・・・あんた本物だよ」とつぶやくはず。
写メ交換してなかったが、まぁ100人超も経験=100人超の男が勃起した
ならばそんなに奇怪な生き物は来ないだろうと安心。

434 :なまえを挿れて。 :2010/06/10(木) 23:39:41 ID:fw/uY+m40

待ち合わせ場所で待っていると着信があり、無事に合流。
現れたのは、ブサくもカワイクもない普通のお姉さん。
しかしほんのりエロスのかほりが漂う。
髪型は今時珍しいショート気味のソバージュ。
そして「仕事柄、健康的に見えたほうがいいから」とガンガンに日焼けした肌が眩しい。
ソバージュに褐色の肌・・・・・ジミー・スヌーカみたいだ。(以下スーパーフライ)
スヌーカといっても、大半の人には通じないだろうが、そう思ってしまったのだからしょうがない。
バーで軽く飲みながら下ネタ全開のトークを経て、いざ決戦の場へ。大勝負を前に胸が高鳴る。
先手必勝!と部屋に入るなり、玄関でディープキス。
しかしスーパーフライも舌&唇がうっ血してしまいそうな激しさで応戦。さすがだ。
そのままキスしながら移動してベッドに倒れこむ。
オパイを揉むとデカい!何カップか聞くのを忘れたが、とにかくデカイ。
食べ盛りの腹ペコ中学生でも腹いっぱいになるサイズだ。
乳房に比例するように、乳輪も五島めぐ並みの激しいデカさだったのはご愛嬌。
乳首を舌で転がしながら、手をマムコに伸ばすと、もの凄い濡れ方。
ちょこっと触ってるだけで、手のひらまでビッショリ。
プッシーの大安売りだ。
中指でGスポ辺り、親指でクリを刺激すると、程なく「ぁ~、あ~ん・・・で、出ちゃうよ~」
ブシュっと潮噴射。ほんとに吹きやすいのねw
更に二処攻めを続けると、また噴射。そしてまた噴射。
アメリカの家庭にありそうな芝生に水を撒くマシン(←正式名称がわからない)みたいで面白い。
そろそろ腕がダルくなってきたんで「イッた?」と確認すると
「ううん。イってはないよ。次は私がしてあげるよ」と攻守交替。
435:なまえを挿れて。:2010/06/10(木)23:40:30ID:fw/uY+m40
キスが上手かったんで、フェラも期待してたが、これまた上手い。
尿道に舌を差し込んできたり、咥えこんで激しく首を振ったり、ハーモニカフェラをしたり、
めちゃめちゃ気持ちよい。
咥えながら顔を見てきてニヤっと笑う表情もエロくて萌えまくる。
この快感を一秒でも長く楽しみたい・・・と思うもあえなく撃沈。
腹に出した精液を全部舐め取ってくれたりほんとエロい。
その後、一緒に風呂に入ってから、ゴムを口で付けてくれて第二ラウンド開始。
完全にリードされている気がするが、もうどうでもいいやと思い始める。
M字開脚状態での騎乗位、バック、正上位、全ての体位でもの凄い速さで腰を振るスーパーフライ。
冷静に「すっごいなぁ」と見入ってしまう。いかん、感心してる場合ではない。
こっちも負けてたまるかと腰を振るが、スーパーフライの腰振りペースが速すぎて合わせ辛い。
途中で何度も、俺「突く」スーパーフライ「引く」→俺「引く」スーパーフライ「突く」という
「ティムコ(マムコも)がこすれていない状態」になり、あまり気持ちよくない。
どうやらスーパーフライも同様に感じたらしく、あろうことか屈辱の解雇通告が。
「私が動くからじっとしてていいよ」
結局、思うが侭に操られ情けなく俺発射。しかしスーパーフライはやはりイっていない様子。
その後、延長ラウンドを迎えるも、ほぼ同様の展開で対局終了。


とりこにするはずが、すっかりとりこになってしまい、別れてからメールをするも返信なし。
その後もなし。放流されてしまいましたorz
当時の記憶を思い出しながら、思い出しオナニーをするのがせめてもの抵抗です。


完敗です。出直します。
『修行とは出直しの連続なり』姿三四郎
関連記事
[ 2012/03] 面接 ♂ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://nadeshikoiro.blog.fc2.com/tb.php/60-b00fba76





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。